スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに、そして選挙について、 

はじめまして、キャドルと申します。

2014年12月9日現在 選挙が行われております。

まず政治家が政治を行うに当たって
我々有権者である国民にはさまざまな職業があり、
全員が全員政治に精通しているわけではないのが当然なのでございます。
むしろ殆どの人がその中身についてほぼ理解していないのが現状であります。
その代わりに国の政治を担うのが政治家で私達は政治のプロフェッショナルに政治を任せているわけです。

かくいう僕自身政治について詳しくなく本当にここ最近興味を持ったばかりでございます。
そういった我々が手軽に政治や世の中の情報を得ている媒体は
新聞やニュース、ネット、あるいは書籍です。

そして、その情報の中にはたくさんの思惑と嘘が隠されています。
政治とは本来、ゴールを決めてそこへ行くプロセスを決めるのではなく、
どうなるか分からないが、一番いいであろう方法の意見を出し合い、
意見が出た中で一番いい方向へ向かうものを選択する。
それを決めるものだと考えております。

まるで人生のよう、
そして我々有権者にも今、まさにその選択が迫られているのです。
今選挙をしていますが、

例えばテレビのニュース
安倍さんの話の言葉の端だけを切り出して安倍さんを貶める。
椿事件(詳細は省きますが)と呼ばれる事件があったように、
テレビは基本的に民主党に有利な情報を流すようです。

新聞をみれば、自民党議席は300議席越えになると予想
ただしアンケートをとった中40%はどこに入れるかまだ決めていない、とか言う始末
これは自民党がどうせ勝つだろうから有権者の自分の1票、つまりは投票への意欲を殺ぐ為の
報道とされています。
この日本でで投票の意思のないものは基本的に保守層であるといえます。

主に組織票を入れる公明党や民主党支持者は選挙に対して真剣です。
得票率が下る=自民党の力を殺ぐことになります。

続いてネットです。ネットは今まで一番正しい情報が回っており政治に興味のあるネット住民は
例えば韓国人あるいは在日の人に対する情報をいち早く持っていたといえます。
ただし、現在では魔の手が差し掛かりつつありあぐらをかいているネット住民はこの先かなり危険な存在になるであろう
ということを確信しています。

ネットでは次世代の党が若い世代に熱烈支持されてます。
俺達は真実を知っていて次世代の党に世の中を託すんだ!なんて風です。
ですが、次世代の党は新しいからクリーンで
しかも、テレビで何度も総理に果敢に質疑答案する格好のいいパフォーマンスによって支持を得ている党です。
民主政権であれば相手にもされなかっただろうし、自民党ありきで成り立っている党です。
実績もなければ胡散臭い点も多く、挙句の果てにはアベノミクス反対です。
政治公約を読んでもない人間が乗せられています。
次世代の党には素晴らしい議員もいると思いますし、応援したい気持ちも当初はありました。
ただ、パフォーマンスとあのタブーブタを見る限り、
これで票を入れる若い有権者とバカにされてる気持ちになりました。

公明党と戦うといいながら選挙区は自民党とほぼ被り
自民党から票を頂く戦法を取っています。
もちろん、戦略的には同じ保守から票をとる方が正しいのですが
公明党と戦うだなんておかしなことを言ってるのです。

自民党にも悪い議員はたくさんおりますが
今世界では150もの国が各国で衝突していて、これから日本が戦乱に巻き込まれるのはほぼ間違いないです。

特に原発の停止により毎日100億円もの資金を使い海外からエネルギーを買っていて
海外に多くの仮があるのです。戦争で手助けしろなんて絶対言われます。
日中首脳会議の内容を見ましたか?安倍さんの外交の力はかなりのものです。
他をおいて習近平と渡り合える議員がいるでしょうか?
アベノミクスの件についても雇用が増えてるという理由から私は賛成ですが、とにかく経済に関しては簡単に実感できるものではなく反論に対して説明することは出来ますが、納得させるのが難しいという理由から言及は控えます。

私としては安倍さんに首相を続けて頂かないと困ると現時点では考えております。
スポンサーサイト
| HOME |

Calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10« 2017/11 »12

プロフィール

キャドル

Author:キャドル
キャドル twitter@CadrinZ
世の中の正しい認識を模索していくことが主な目的であります。
今現在世の中にある新聞、テレビ、ネットの情報にたくさんの嘘がばら撒かれています。
常に自分の持つ情報に慢心せず、真実を求めることが大事であるということを一人でも多くの人に認識してもらうことが、現段階での目的としております。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。